◆脳活用度downするとどうなるの?

 

 

1 ストレスへの影響

≪脳活用度が低いと≫

ストレスを受けた時に、「心が折れて動けない」等と表現するように回復するまでに時間がかかりますから、その間ずっとストレスを感じることになり、幸福感とは程遠くなります。

2 健康への影響

≪脳活用度が低いと≫

脳の活用度が低い=脳内の血流が低下ですから、全身の血流が低下するので

なんらかの病気を発症している場合、活用度は低くことが確認されています。

※脳活用度が著しく低く、ご心配な方はメンタル疾患含めて医療相談の連携も可能です。

3 仕事への影響

≪脳活用度が低いと≫

ストレスを受けると、仕事のパフォーマンスが落ちやすい。新しい仕事の習得に時間がかかるので、避けようとする傾向もあり、結果として、時間がかかる割に仕事の成果が出ない、更にストレスが高まるという負のスパイラルにハマりやすいです。