あなたは、じぶんを何%生きてるか?

知りたいですか?

 

私は子どもの頃から知りたい!

と、思っていました。

 

脳医科学の発展により

遂に可能になったのです!

 

仮にあなたが

じぶんの脳を100%使っていたら、

あなたは、「じぶんを100%生きている」

ということになります。

 

手足の損傷がなくても

手足を動かす為の脳が損傷した場合

手足は動くことができませんね。

 

脳はじぶんの全てといっても

過言ではないのです。

 

脳医科学の脳診断テストでは

脳全体に占める活用度を

「脳活用度」として数値化できるのです!

 

子どもの頃から、興味関心のあった私は

大興奮!でした(笑)

心理学の領域では、数値化なんて無理だと

諦めていたので尚更でした。

 

あなたはどうですか?

じぶんを何%生きているか興味がありますか?

 

因みに、この脳活用度の平均値は57%前後です。

なんと、平均では約43%

未使用の自分があるのです!

 

ということは

脳を理解すれば

残りの43%を使って

じぶんの性格や行動パターン

そして

じぶんの人生を変えることが

可能になるのです!

 

わくわくするのは私だけでしょうか??

 

でもここまで読み進めて下さった方ですから

何らか興味があると思うのです♪

 

次の記事ではこの平均約57%の

脳の活用度がUPしたら?

 

私達の健康・仕事・幸福度が

どのように変化するか

書いてみたいと思います!