脳活用度UPしたら、どうなるの?

脳活用度がUPすると

人は「幸せ~♪」と感じることが分かっています。

 

具体的には、次の3つの効果があります。

1 ストレスへの効果

2 健康効果

3 仕事効果

 

1 ストレスへの効果

≪脳活用度が高くなると≫

同程度のストレス度でも、凹んだり傷ついたりしても、

回復が早くなるのでストレスと上手く付き合えるようになり、

いわゆるレジリエンス※が高い状態になります。

※レジリエンスは物理学の世界で生まれた言葉で、

外的圧力を撥ね返す復活力や環境適応力、

或いは心の回復力という意味合いで使われています。

 

2 健康効果

≪脳活用度が高くなると≫

血流が改善すると、

全身の血行がよくなり、新陳代謝が正常化していきます。

体が重だるい、慢性疲労が減少し、

運動や趣味を楽しむ気力も回復します。

結果として食欲も安定するので食べ過ぎの方は、自然に体重が減少してきます。

 

3 仕事効果

≪脳活用度が高くなると≫

脳のあらゆる部位を活用できるようになると、

状況に応じた使い分けもできるので、楽に成果が出せる様になる。

売り上げアップ、お客様からの評価UPなど分かり易く成果が確認できるようになります。

 

どうですか?

驚ていているのは、私だけではないですよね??

 

次回の記事は

逆に脳活用度が下がった時

時にストレス時の影響について書いてみます。