音叉はピアノの調律用だと思っていた私💦使い始めたら セッションの効果が顕著で驚きの連続でした💦

今日は 音叉について 色々書いてみます

1.音叉は「音」という「波」を発している

 

量子物理学の世界では 全てのものは、ミクロサイズにすると「波」と「粒」になるそうです。難しいなぁと思った人は 「波」と「粒」なのね、と流してください。電波とか、電子波と同じで、「見ることはできない」けど、「そこにある」エネルギー=「波」です。

2. 音叉 =波 =振動している

 

振動は 目で見ることも できます。スピーカーを大音量にして

その前にお水を入れたグラスを置いたら  水が波打ちますね

これは、音が振動していて、波打っている証拠です。注意:この画像ではありませんm(__)m

 

音が素晴らしいのは

空気💕

水💕

細胞💕

すべて  伝わる性質(^^♪

 

3.音叉には有音と無音がある

 

有音とは

聞こえる音 可聴域のことで その範囲は20Hz~2万Hzと言われています。が、加齢に伴い 1万Hz以上は 聞こえなります。

無音とは

聞こえない音のことですが、聞こえない音は 人によっても異なります

例えば おばあちゃんと孫では 同じ部屋で 同じ音でも 違うのです。

  • 【孫 】:2万Hzの音は聞こえる=存在すると認識
  • 【祖母】:2万Hzの音は聞こえない=存在しないと認識

 

ちなみに

動物の例ではイルカやコウモリは、20万Hzまで、聞こえるそうです。だから  遥かかなたにいる仲間とも 連絡(^▽^)/がとれるのです。彼らの有音は人間の無音なのです。

 

さらに、こんな無音の例もあります

なんとNASAの衛星が「地球の音」を録音してます。

https://www.youtube.com/watch?v=ad62fvy3UYw

宇宙空間には空気が無いため無音だと思われがちですが、実際には電磁震動としての音が存在しています、とコメントがあり、なるほど~と納得します✨NASAは惑星の周波数も公表してるのですよ~科学者たちって、本当にユニーク💗

 

 

このように 私たちの周りには 聞こえない無音の音も含めて 音という波で、溢れています。波同士ですから どんなに遠く離れていても、その波の 影響をうけ、干渉しあう💕だから、音の効果は素晴らしい

 

こちら、有音の惑星のチャイムバーです~

惑星チャイムバー

こちらは、無音の音叉💕オーム (正確には 音はします)「音のチカラ」より、「振動のチカラ」を利用します。

 

まとめ

音叉は「波」で「振動」する~私達も量子物理学的には「波」なので、波同士 影響を受ける💕